TEL 03-6812-1901

〒171-0021
東京都豊島区西池袋1-16-10
第2三笠ビル3階

24時間ネット受付

医療法人社団 星空 セイントクリニック池袋駅前|池袋駅、西池袋、夜間診療、クリニック、病院、小児耳鼻咽喉科、耳鼻咽喉科、内科、外科

耳鼻咽喉科

訪問診療

検査・検診

予防接種について

自費診療料金について

求人情報はこちら

セイントクリニック横浜

病気スコープに執筆した記事が掲載されています

病気スコープに執筆した記事が掲載されています

Mobile Site
HOME»  耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科について

耳鼻咽喉科では、患者さまの耳、鼻、のどの諸症状を診療しています。耳鳴りやめまいにお悩みの方が多く来院されており、まず、患者さまへの問診と視診をします。
多くの場合は患者さまに問診、視診をすることで、症状の原因がご自身の日常生活や日々の行為の中にあることがわかりますが、それらの検査で原因が特定できない時にはさらに、患者さまに細菌培養検査、血液を調べる迅速検査、聴力検査、ファイバースコープによる検査をします。

耳の症状

急性中耳炎

カゼを引いたあとに、耳痛があれば、ほぼ急性中耳炎が強く疑われます。鼓膜が発赤し、鼓室内に膿性液が貯留することがあります。滲出性中耳炎に移行しないよう、しっかり、治療しましょう。

慢性中耳炎

主に小さいときに急性中耳炎にかかり、これが治癒せず鼓膜の穿孔や中耳内の病変が残ってしまった状態です。中耳に感染がおこると耳だれや耳の痛みが生じます。治癒するためには手術治療となります。

滲性中耳炎

滲出性中耳炎とは、鼓膜よりさらに奥にある骨で囲まれた中耳腔という空間に、液体がたまっている中耳炎のことを言います。中耳腔に液体がたまると、鼓膜や耳小骨の動きがわるくなり、外耳道を伝わってきた音が鼓膜から耳小骨そして内耳へときちんと伝わらなくなり、そのために、聞こえがわるくなります。滲出性中耳炎は、急性中耳炎とは違い鼓室に液体が貯留し、急性炎症症状がないもので、子どもの難聴の原因となりやすい病気です。
難聴、耳の不快感、平衡感覚の異変などの症状が出ます。

鼻の症状

副鼻腔炎

鼻腔の脇にある副鼻腔に炎症がある病気で、たいていは幼少時期より発症します。
幼少期は副鼻腔の発達が未熟なため、風邪などの鼻炎から副鼻腔炎を発症します。
副鼻腔炎になると膿性の鼻汁、鼻づまり、顔面や頭の痛みなどの症状がでます。症状がない時は経過観察しますが、風邪の後など症状が悪化した時は治療が必要です。治療は抗生剤などの内服、鼻の洗浄やネブライザー、手術などがあります。

アレルギー性鼻炎

アレルギー反応とは、人体の免疫細胞が本来害ををなさないホコリや花粉などを有害物質と認識し、体がそれを除去しようとする防衛反応です。
一度この反応が起こるとなかなか改善せず、治療は主に症状の改善、免疫強化を目的とします。
原因となる物質をつきとめ、これを身の回りから除去します。この上で薬剤治療を行うと良いです。患者様に合った処方を行っております。

鼻ポリープ

鼻ポリープは鼻茸と呼ばれ、鼻の穴から見える一番奥あたりの粘膜にできる炎症性のできものです。鼻ポリープは大きくなることがあり、また、両方の鼻の穴の奥にたくさんできることが多いため、鼻がつまりやすくなります。呼吸がしにくくなることで睡眠障害や副鼻腔炎を併発することもあります。軽症の場合、抗生物質やネプライザー療法を行い、重症の場合は病巣そのものを除去する鼻内副鼻腔手術が内視鏡下で行われます。

喉の症状

逆流性食道炎

逆流性食道炎は遺産の逆流によってひき起こる病気です。
胃から食道への逆流が繰り返し起こると、食道の粘膜にただれや潰瘍が生じ、胸やけや呑酸などの不快な症状が起こります。逆流性食道炎は胃酸の分泌が多すぎることによって発生します。脂肪分が多い食事だと胃酸は多く分泌されるので食事の際に気を付けましょう。ストレスにも大きく影響するので適度な運動などをしてストレスを貯めないようにしましょう。治療法は基本的に薬で処置いたします。

急性扁桃炎

急性扁桃炎は、口蓋扁桃(こうがいへんとう)が赤くなって腫れる急性の炎症です。急性扁桃炎にかかると主に、38度以上の発熱、のどの痛み、体のだるさ、頭痛などの症状が現れます。さらに、首のリンパ節が腫れるケースもあります。熱は38度から40度近くになりますが、たいていは3~4日で治まります。急性扁桃炎の主な原因は細菌やウイルスによる感染で、原因菌としては「インフルエンザ菌」、「溶血性連鎖球菌」、「肺炎球菌」、「黄色ブドウ球菌」、「EBウイルス」などがあげられます。
細菌による感染の場合は、それぞれの原因菌に対する抗生剤の内服薬を服用します。ウイルスによる感染の場合は、発熱、のどの痛みや腫れといった症状に合わせ、解熱鎮痛剤や抗炎症剤、うがい薬などの処方による対症療法を行います。

のどの違和感

のどがつまる感じ、異物がある感じ、何かひっかかっている感じ、狭くなっている感じなど、のどの違和感が生じることがあります。
のどの軽い炎症や外傷、後鼻漏や痰の存在、唾液分泌低下、胃液の逆流などがその原因となることが多いのですが、時には咽頭、喉頭、食道、甲状腺などの腫瘍でおこることもあるので注意が必要です。
のどは敏感な所で違和感が生じ易いのですが、内視鏡を使っても肉眼的異常がなく原因を同定することができないことも多いです。そのような場合でも異常がないことを説明すると症状が軽快することもあります。

Page Top